12 Important Works12研究物語

FILE3

難治性角結膜疾患に対する培養口腔粘膜上皮シート移植

難治性角結膜疾患の予後向上を目指し世界初の
培養口腔粘膜上皮シート移植手術に挑み視力が改善

研究担当者

  • 外園 千恵

    講師

  • 稲富 勉

    学内講師

  • 中村 隆宏

    准教授
    同志社大学生命医科学部
    炎症再生医療研究センター

  • 小泉 範子

    客員教授
    同志社大学生命医科学部
    教授

世界初の手術からすでに100 以上の実績を重ねる

 従来治療が不可能であった難治性角結膜疾患に対して、再生医療の技術を応用して、培養角膜上皮シート移植ならびに培養口腔粘膜上皮シート移植の開発を行っているのがこの研究グループです。

 京都府立医科大学眼科で、培養角膜上皮シート移植を臨床実施したのは1999 年。その後、2002 年には世界で初めて自家培養口腔粘膜上皮シート移植に成功し、これまでに100 例以上での実績を積み重ねてきました。これらの角膜再生医療は、有用な治療法のない難治性角結膜疾患の予後向上を目指しており、一定の成果をあげてきました。

 「小泉範子先生が培養角膜上皮シート移植を開発、その後、中村隆宏先生が培養口腔粘膜上皮シート移植を開発し、それらの成果を臨床に応用するために、手術の実施や主治医としての治療を行っていました。2007 年12 月に神戸の先端医療振興財団から共同で橋渡し研究をしていく話があり、それ以降、橋渡しに関わっています。役割は、手術の実施、2002 年以降2008 年までに実施された難治性角結膜疾患に対する培養口腔粘膜上皮シート移植難治性角結膜疾患に対する培養口腔粘膜上皮シート移植全症例のデータ回収と解析、厚生労働省ヒト幹への申請および先進医療の申請、研究費の獲得、多施設研究での摺り合せなどです」と説明する外園千恵講師。 

 「小泉範子先生がドイツへ留学されるにあたり、培養角膜上皮シート移植のプロジェクトの後任として大学院生であった僕が引き継ぐことになったのがきっかけです。その後、自分のオリジナルな研究を模索し、培養口腔粘膜上皮シート移植の開発を行いました」と中村隆宏先生。

 「この研究の先駆けとなる眼表面再建治療に木下教授とともに携わり、そののち羊膜移植、培養角膜上皮移植、さらに培養口腔粘膜上皮移植へとの発展に携わりました。木下教授からご指導を受け始めた平成3 年からの課題でもあり、その発展形がこの研究テーマになっています」と稲富 勉学内講師は語ります。

国の制度、動物からヒトへの応用の壁

 研究の大きな壁になったのは、「再生医療に関する国の規制ができていない時期、つまり2002 年に、培養口腔粘膜上皮シート移植を開始したため、どういう方向に進めるべきかの指標がなかったことに苦労しました。厚労省に訪問し、この技術の方向性を確認していくことを何 度も繰り返しました。筋が通らないと思うこともありましたが、投げ出さないで継続することの大切さを木下教授の姿勢からしっかりと学びました。失明してあきらめている眼が見えるようになって、患者さんが大変に喜ばれ、自分で歩いて退院、明るくなられる姿に研究の苦労も忘れエネルギーをもらいます」と外園千恵先生。

 「ウサギの細胞を用いた実験では、うまくいっても、その条件でヒトの細胞ではうまくいかず、動物⇒ヒトのトランスレーショナル研究の難しさを味わいました。最終的にはいくつもの新規の発見に拠り、その難関を克服できました。実験がなかなかうまくいかず、落ち込んでいる時も、木下先生から『続けること、続ければ本物になる』と叱咤激励していただいたことが僕を励ましてくれました」と中村隆宏先生。

研究成果や夢を語り合う幸せ

 「世界に先駆け我々が目指した考えが実際の医療で成果をあげたときや、実際に培養上皮が生着しているようすを自分で見たときには、感動しました。一方で、臨床治療がゴールであり、その結果が必ずしもすべての患者に受け入れていただけるものでないという事実に直面したとき、トランスレーショナルリサーチの難しさを実感しました。しかし、どんなときも、木下先生は熱心に相談に乗って下さり、一緒にこの治療のインパクトを語り合えたことはいい経験でした。この研究は、再生医療としては第一歩で、克服できていない面もありますから、次の新しい再建もしくは問題点の克服を進めていきたいと思います」。(稲富 勉学内講師)

患者さんの喜ぶ笑顔が何よりのやりがい

 中村隆宏先生は「自分が世界で初めて開発した培養口腔粘膜上皮シート移植術を、患者さんに臨床応用し、視力が改善して喜ばれたことが、とてもうれしい経験でした。すでに、先進医療に認められ、国内では広まりつつある我々が開発した日本発の角膜再生医療を、世界へと広 めていくのが今後の展望です」と抱負を語ってくれました。

 「本上皮シート移植が世界で行われて、見ることをあきらめている患者さんが見えるようになること、硬い言葉で言えば、難治性眼表面疾患の予後が向上することが夢です。そのためには先進医療で実施して、企業治験に繋げる方法を切り開く必要があります」と外園千恵先生 も今後の研究の方向性を語りました。