PROFILEプロフィール

ご挨拶 ~光。輝く未来へ~

平成4年4月1日に京都府立医科大学眼科学教室に奉職してから、この地、京都で、23年間の充実した歳月を過ごすことが出来ました。当時、教室を任された私のモットーは「臨床の府立」言い換えれば、「患者に最善の治療を提供できるグループでありたい。」ということでした。そして「be international」、世界に通用することでした。世界最高峰の診療をどこまでも追求して最高の医療を患者に提供する、この考えのもとに難治性眼疾患に対するトランスレーショナル研究を目指しました。臨床科における「研究」は治らない病気を治るようにするために行うもの、言い換えれば「未来の治療」を模索することにあります。この考えは、京都府立医科大学のお取り計らいで平成27年4月1日から始まる特任講座感覚器未来医療学の開設に結びつくことになりました。この講座の理念は「光。輝く未来」のために「be innovative」であることです。

これからも、夢を追い求める皆様とともに、医療において社会的責務を果たし、研究において知的好奇心を満たし、be international な活動を積極的に進めていく所存ですので、引き続き宜しくご指導ご鞭撻のほどをお願い申し上げます。

プロフィール

木下 茂(きのした しげる)
京都府立医科大学特任講座感覚器未来医療学教授

学歴

昭和43年3月 大阪府立天王寺高校卒業
昭和49 年3 月 大阪大学医学部卒業

職歴

昭和49年7月 大阪大学医学部附属病院眼科研修医
昭和51年1月 財団法人住友病院眼科医員
昭和53年9月 大阪大学医学部眼科学教室助手
昭和54年9月 Harvard大学眼科研究員
昭和57年9月 復職
昭和59年7月 大阪労災病院眼科部長 昭
昭和63年3月 大阪大学眼科学教室講師
平成4年4月 京都府立医科大学眼科学教室教授
平成15年4月 京都府立医科大学大学院医学研究科視覚機能再生外科学教授
平成15年4月 Adjunct Clinical Senior Scientist, The Schepens Eye Research Institute, USA(兼任)
平成20年8月 Honory Distinguished Professor, Cardiff University, UK(兼任)
平成21年4月 同志社大学生命医科学部連携教授(兼任)
平成27年3月 京都府立医科大学大学院医学研究科視覚機能再生外科学教授 停年退職
平成27年4月 京都府立医科大学特任講座感覚器未来医療学教授

京都府立医科大学内の職歴

平成11年4月~
平成13年3月
医療センター長
平成11年4月~
平成15年3月
附属脳・血管老化研究センター神経化学・分子遺伝学部門教授
平成19年4月~
平成21年3月
附属病院長
cc平成20年4月~
平成25年3月
教育研究評議会委員
平成23年5月~
平成23年12月
学長補佐(総務、国際戦略、広報担当)
平成24年1月~
平成27年3月
副学長(大学戦略、広報担当)
平成27年4月~ 京都府立医科大学特任講座感覚器未来医療学教授

医科学賞等

平成9年(1997) The Dohlman Lecture, 20th Boston Cornea Research, USA
平成11年(1999) Alcon Research Institute Award,USA
平成12年(2000) Achievement Award, American Academy of Ophthalmology, USA
平成16年(2004) Daiwa-Edrian Prize,UK
平成19年(2007) David Easty Lecturer, UK
平成20年(2008) The Castroviejo Medal Lecturer, USA
平成21年(2009) ARVO Gold Fellow,USA
平成22年(2010) Claes H. Dohlman Conference Address,TFOS,Italy
平成22年(2010) Meibom Lecturer,Germany
平成23年(2011) The Doyne Memorial Lecturer,Oxford Ophthalmological Congress,UK
平成23年(2011) Elsemay Bjorn Lecture, Finland
平成23年(2011) Schepens Eye Research Institute Almunus Awardee 2011,USA
平成24年(2012) Peter Herberg Lecture,IMCLC,WOC 2012,UAE
平成26年(2014) Richard Lindstrom Lecture,CLAO,ASCRS 2014,USA
平成27年(2015) Charles D.Kelman Inovator Award,ASCRS 2015,USA
平成28年(2016) The Ophthalmologist top 100 power list 2016
平成6年(1994) 第98回日本眼科学会宿題報告受賞
平成14年(2002) 平成14年度日本医師会医学研究助成費授賞
平成14年(2002) 第106回日本眼科学会宿題報告受賞
平成18年(2006) Baelz賞(一等賞)
平成19年(2007) 日本眼科学会評議員会賞
平成21年(2009) 日本眼科学会賞